HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ゼリア新薬】「アサコール」で世界進出‐13年度に海外売上比25%以上

2010年6月1日 (火)

 ゼリア新薬は、海外展開の本格化に乗り出す。昨年スイス・ティロッツを買収し、潰瘍性大腸炎治療剤「アサコール」の世界53カ国にわたる販売網を獲得したことから、2010年度に海外売上比率11%、次期中期経営計画の最終年度となる13年度には25%以上に引き上げる計画だ。

 同社は、04年にティロッツから「アサコール」を導入し、国内の権利を取得していた。昨年には、完全子会社化することで、欧州・中東・アジア・中南米など世界53カ国の全権利を獲得し、本格的な海外展開に乗り出した。

 ティロッツの買収によって、09年度の海外売上高比率は2・1%となったが、10年度は11%に拡大させる「本格的な海外展開の元年」と位置づけた。さらに、11年度からスタートする次期中期経営計画の最終年度となる13年度には、海外売上高比率を25%以上に引き上げ、海外で成長を図る方針を明確に打ち出した。

 13年度に25%以上を実現するため、さらに海外売上に貢献し、消化器領域でシナジー効果が得られるM&A、アライアンスを実行していく方針だ。既に現在、水面下で交渉中とされ、今年度にも新たな買収に踏み切るものと見られる。

 また、「アサコール」の自販体制の拡大を積極的に進める。昨年度には、アイスランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドのノルディック5カ国、アイルランドで自社販売を開始。10年度はリトアニア、ラトビア、エストニアのバルト3国、チェコ、英国で自社販売に切り替え、売上高69億円を計画。11年度以降も順次切り替えを検討する。また、ゼリア新薬とティロッツが共同でタスクフォースを立ち上げ、「アサコール」の価値最大化に向けた検討をスタートさせている。

 今後、アジア地域でも「アサコール」の販売を強化すると共に、OTC医薬品とイオナ化粧品についても韓国・台湾などで販売し、医療用医薬品とOTC医薬品の両輪によって、海外売上の拡大を目指す考えだ。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録