HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【CFS/タキヤ/ミニストップ】新業態店の開発・展開で合弁会社

2010年7月14日 (水)

 ドラッグストアのCFSコーポレーション(横浜市)、タキヤ(尼崎市)、コンビニエンスストアのミニストップ(東京千代田区)の3社は13日、ドラッグとコンビニを融合させた新業態店舗の開発・運営のための合弁会社を設立することで基本合意した。3社はいずれもイオンのグループ企業で、5月21日に業務提携を発表後、協議を続けてきた。提携内容を事業として着実に展開するため、3社共同出資による新会社を設立することとした。

 8月に設立予定の合弁会社名は「れこっず」(RECODS)で、資本金4億9000万円。出資比率は、ミニストップが51%、CFSが30%、タキヤが19%。新業態店舗フォーマットの開発、新業態店舗向けフランチャイズ(FC)事業のFCパッケージ開発およびその事業展開を目的とする。

 先の業務提携では、CFSとタキヤのドラッグストア2社の専門的な知識・経験・ノウハウと、ミニストップのFCノウハウ、商品開発力及び各種サービスをコンビニエンスストアに取り込んだ新業態店舗を創出し、協業による各社の成長戦略の実現を目指した。

 このうち、共にイオングループであるタキヤとミニストップの2社については、タキヤのドラッグストア既存店を改装し、ドラッグ店舗内にミニストップのサテライト店(FC店)を出店する“ドラッグ&コンビニ”が併設した新業態店「タキヤ・ミニストップサテライト」を展開してきた。

 昨年8月に巽南店(大阪市)を開店したのを皮切りに、10月に深江南店(大阪市)、今年4月には奈良駅前店(奈良市)が開店し、中でも奈良駅前店では、ミニストップの看板メニューであるソフトクリームとセルフコーヒーを取り扱い、店内でゆっくり飲食できるイートインコーナー(飲食スペース)も設けている。

 今回、合弁会社を設立するCFS、タキヤ、ミニストップの3社では「ドラッグとコンビニの専門性と利便性を兼ね備えた“地域ヘルスケアステーション&生活支援ステーション”を新業態として開発し、新業態店舗向けのIT統合と物流網の構築により、MD政策を兼ね備えた新たなFCビジネスを展開する」としている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録