「Loopamp H1pdm 2009インフルエンザウイルス検出試薬キット」「LoopampマイコプラズマP検出試薬キット」「Loopampレジオネラ検出試薬キットC」 栄研化学

2010年7月16日 (金)

 栄研化学は、独自の遺伝子増幅技術「LAMP法」を利用した体外診断薬として、3製品を新発売した。

 「Loopamp H1pdm 2009インフルエンザウイルス検出試薬キット」は、鼻腔拭い液、咽頭拭い液中の新型インフルエンザウイルスの検出を目的とした国内初の体外診断用医薬品。従来のPCR法を用いた遺伝子検査に比べ、迅速にウイルス遺伝子を増幅することから、インフルエンザの確定診断に有用。

 また、「LoopampマイコプラズマP検出試薬キット」と、「Loopampレジオネラ検出試薬キットC」は、市中肺炎の遺伝子検査キットとしては国内初で、喀痰などを用いた迅速検査が可能になった。

 税別希望納入価格は、いずれも48テスト分で7万6800円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録