HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【エーザイ/アネロファーマ】新規抗癌剤「APS001」開発で提携‐ビフィズス菌用いてデリバリー

2010年10月5日 (火)

 エーザイと信州大学発ベンチャー企業「アネロファーマ・サイエンス」は、新規抗癌剤「APS001」に関するオプション契約と、ビフィズス菌を用いたデリバリー技術の活用による新規抗癌剤候補の探索に関する契約を締結した。

 契約により、エーザイは、アネロファーマから、APS001の米国第I相試験の結果に対する優先評価権、開発品のライセンスに係る優先交渉権を獲得する一方、アネロファーマにその対価を支払う。

 また、両社は、ビフィズス菌を用いたデリバリー技術を活用し、新規抗癌剤候補の探索を共同で実施する。エーザイは、共同研究費用を負担し、共同研究成果に基づいて、事業化に必要な独占的ライセンスに係る優先交渉権を獲得する。

 APS001は、シトシン・デアミナーゼ(CD)酵素遺伝子を組み込んだビフィズス菌。静脈内に投与し、低酸素状態にある癌細胞選択的に生着・増殖させ、CDを発現。抗真菌剤「5‐フルオロシトシン」(5‐FC)と併用し、癌細胞に移行した5‐FCがCDによって、抗癌剤の「5‐FU」に変換されることで、抗腫瘍作用を発揮する。

 アネロファーマは、2011年にAPS001のIND申請を行い、同年後半にも米国第I相試験を開始する予定。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録