HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【GSK】B型慢性肝炎治療薬「テノホビル」を米BVから国内導入

2010年10月19日 (火)

 英グラクソスミス・クラインは、米バイオ企業「ギリアド・サイエンシズ」から、B型慢性肝炎治療薬「テノホビルジソプロキシルフマル酸塩」の、日本とその他の地域における開発・販売権を取得した。これを受け、GSK日本法人は、B型慢性肝炎を対象としたテノホビルの国内開発に着手することにしている。

 テノホビルは、既に抗HIV薬として、日本たばこが国内承認を取得し、子会社の鳥居薬品が「ビリアード錠」の製品名で販売を行っている。

 GSKは、B型慢性肝炎治療薬として、「ゼフィックス」(一般名:ラミブジン)、ギリアドから導入した「ヘプセラ」(一般名:アデホビル・ピポキシル)の2剤を国内販売しており、テノホビルを追加することで、品揃えを強化する。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録