HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【規制・制度改革分科会】一般薬は制度全般審議‐医薬分業も検討の俎上に

2010年11月1日 (月)

 政府の行政刷新会議規制・制度改革分科会は10月28日、ライフイノベーションワーキンググループを再開し、医療・介護分野の規制や制度の見直しに向けた、第2弾の作業に着手した。今年度前半の第1弾では、個別の規制に焦点を当てたが、今回は、公的保険の適用範囲の考え方など、制度のあり方に関する総論的な議論も行う。一般薬の販売規制など積み残しとなっている課題や、国民の意見を踏まえるほか、委員から新たなテーマを募った上で、課題を絞りこみ、年明けの分科会報告を目指して、検討を行う。

 会合では、たたき台として事務局が論点を示した。一般薬については、インターネット販売の取り扱いにとどまらず、制度全般の審議を提起。

 国民から、2回目以降の電話注文の容認を求める声や、第2類薬まで郵便等販売を解禁する代替策として、全体の7割程度を第3類薬に移行させる方法が提案されている。このほか、1週間の営業時間の半分以上で、一般薬を販売しなければならない規定を撤廃すべき、との意見があることを紹介している。

 また、医薬分業を含めた処方薬のあり方を検討テーマの候補に位置づけ、国民からの要望として、院内処方と院外処方を同時に認め、病院でも薬をもらえるようにすることや、医薬分業を徹底して、処方せんの内容を変更できるよう、薬剤師の責任と権限を増やすことなどを並べた。

 さらに、後発品が存在する疾病については、後発品処方を原則とし、患者が先発品を選ぶ場合には、差額を全額本人負担とする考え方が、国民から出ていることを示した。第1弾の議論で、医薬品の広告規制の緩和を、中長期的な課題としたことも挙げた。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録