HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【荊芥連翹湯・二朮湯】使用上の注意を改訂

2010年11月9日 (火)

 厚生労働省は、漢方製剤3品目について、関係企業に使用上の注意の改訂を指示した。「荊芥連翹湯」と「二朮湯」の重大な副作用に間質性肺炎を加え、発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常等が現れた場合には、投与を中止して胸部エックス線・胸部CT等の検査を行い、副腎皮質ホルモン剤の投与といった処置を行うこととする。

 また、「竜胆瀉肝湯」の重大な副作用に肝機能障害・黄疸を加え、AST(GOT)、ALT(GPT)、Al‐P、γ‐GTP等の著しい上昇を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるため、十分に観察して異常が認められたら投与を中止する。

 いずれも一般薬の添付文書も見直す。

 このほか、医療用については、アリスキレンフマル酸塩とイトラコナゾールの併用を禁忌にするなどの対応を行う。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録