HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【抗肥満薬「コントレイブ」】FDA承認下りず‐追加試験を要求

2011年2月3日 (木)

 武田薬品と米オレキシジェン・セラピューティックスは、米FDA諮問委員会が承認を推奨していた抗肥満薬「コントレイブ」について、FDAから審査結果通知を受領したと発表した。現行の申請内容では承認しないとの通知で、FDAはコントレイブを長期投与した場合の安全性試験の実施を求めた。今後オレキシジェンがFDAと協議を行い、両社で追加試験への対応を検討していく方針。

 コントレイブは、武田がオレキシジェンから導入した抗肥満薬。オレキシジェンが昨年3月に米国申請を行い、同年12月にはFDA諮問委員会が承認を推奨していた。さらに心血管リスクを評価する安全性試験の実施時期についても、「承認後推奨」が「承認前推奨」を上回るなど、審査目標終了日となる1月末での承認が待たれていた。

 しかし、FDAは、現行の申請データでは長期投与時の安全性プロファイルに懸念があるとした上で、承認前に、心血管系リスクを評価する安全性試験の実施が必要と判断。審査結果通知で、武田とオレキシジェンに対し、コントレイブの追加試験を求めた。

 今後両社は、FDAと協議を進めながら、追加試験への対応を検討していく方針だ。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録