HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【サノフィ・アベンティス/モールディング社長】事業多角化で持続成長‐ヘルスケア全般にリーチ

2011年6月29日 (水)

モールディング社長

 サノフィ・アベンティス日本法人のジェズ・モールディング社長は、6月28日に都内で開いた記者会見で、事業の多角化を推進する方針を示した。今後5年間で、ワクチンやジェネリック医薬品(GE薬)、稀少疾患用医薬品など、ヘルスケア領域で新たな事業の柱を育成し、持続的な成長を目指す。モールディング氏は、「従来の製薬企業のビジネスモデルではなく、ヘルスケア全般を対象としたサービスプロバイダーを目指したい」と語った。

 同社の2010年度業績は、前年度比7・2%増の2851億円。事業の柱に位置づける血栓・循環器領域、糖尿病、オンコロジー、ワクチンの4領域全てで伸長し、市場平均を大幅に上回る成長を達成した。

 今後5年間は、持続的な成長を達成するため、治療薬の開発・販売のみならず、ヘルスケア領域全般を対象としたサービスプロバイダーを目指していく方針。モールディング氏は、「日本で最も信頼されるヘルスケアリーダーになりたい」と述べ、ワクチンやGE薬をはじめ、米ジェンザイムの買収により獲得したオーファンドラッグ、動物用医薬品、一般用医薬品にも進出し、事業拡大に取り組む意向を示した。

 特にワクチン事業では、昨年政府による公費助成がスタートしたHibワクチン「アクトヒブ」に加え、現在開発中の不活化ポリオワクチン、4種混合ワクチン、腸チフスワクチン、髄膜炎ワクチンの上市によって、製品ラインナップを強化する方針。今後5年間にわたって、二桁成長を確保し、国内トップのワクチンメーカーを目指していく。

 一方、日医工との合弁会社「日医工サノフィ・アベンティス」を設立したGE薬事業では、グローバルで販売する製品の中から、国内市場に適した品目を導入し、事業基盤を構築したい考え。既に日医工とは、長期収載品5製品の販売移管を行っているが、さらに今後提携を強化し、拡大が見込まれるGE薬市場で、高成長を達成したいとしている。

モールディング社長




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録