HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【印ドクターレディ】日本のジェネリック薬市場に参入‐富士フイルムと合弁会社設立

2011年7月29日 (金)

 富士フイルムは28日、インドの大手ジェネリック医薬品企業「ドクターレディーズラボラトリーズ」(DRL)と業務提携し、日本市場向けの合弁会社を設立すると発表した。新たな合弁会社は、コスト競争力の高い国内向けGE薬の開発・製造を手がけ、2014年の製品上市を目指す。インド大手のDRLは、富士フイルムと手を組み、写真フィルム技術をGE薬の開発に生かせると判断。日印合弁によって日本市場に本格参入する。

 新たに設立する合弁会社は、富士フイルムが51%、DRLが49%を出資する。会社名などは未定。合弁会社では、写真で培った富士フイルムの品質管理・生産技術と、原薬や中間体の低コスト生産でノウハウを持つDRLの技術を融合させ、国内向けにコスト競争力のあるGE薬を開発・製造する。製品販売は、昨年設立した合弁の医薬品会社「富士フイルムファーマ」のルートを活用する考え。

 富士フイルムは、三菱商事、東邦ホールディングスと合弁会社を設立し、GE薬事業に参入。写真で培った独自の品質基準を設け、仕入れ品の販売を開始すると共に、独自のナノ化技術「FTD技術」を活用したスーパーGE薬を開発する方針を打ち出していたが、さらにインド大手のDRLと提携することで、コスト競争力を補完した。将来的には、DRLのグローバルネットワークを生かし、自社・共同開発したスーパーGE薬の海外展開も視野に入れる。

 今後、富士フイルムのGE薬事業は、三菱商事、東邦HDと設立した富士フイルムファーマ、DRLと設立する新合弁会社の2面展開になるが、当面は、GE薬の開発・製造を日印の新合弁会社、販売を富士フイルムファーマが担う予定。また、三菱商事が支援する方針の原薬調達や海外販路の開拓については、今回のDRLとの合弁設立を受け、DRLルートの海外展開も検討するとしているが、今後GE薬事業を展開する二つの合弁会社で、どう役割分担を行っていくかが大きな課題となる。

 DRLは、インド大手のGE薬企業で、売上高は約1300億円。国内GE薬市場をめぐっては、5月に世界最大のイスラエル・テバが大洋薬品を買収。7月には、世界2位のドイツ・サンドがニプロと戦略提携を行うなど、外資勢の攻勢が強まっている。

 こうした中でインド大手のDRLは、日本市場参入に当たって、異業種の富士フイルムとの合弁設立を選択した。小規模のGE薬企業がまだ乱立する日本市場は、外資勢の草刈り場となりつつあり、今後もあらゆる形の提携劇が進行する可能性が高く、しばらく予断を許さない状況が続きそうだ。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録