HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【抗Xa剤「ダレキサバン】全世界で開発中止‐提携先見つからずアステラスが決断

2011年9月28日 (水)

 アステラス製薬は28日、抗Xa阻害剤「ダレキサバン」(開発コード:YM150)について、全世界で開発を中止すると発表した。2月に術後静脈血栓塞栓症(VTE)予防の適応で国内申請を取り下げて以降、他社との提携による共同開発を最優先に検討してきたが、提携先を選定することが難しいと判断。全ての適応症で開発を中止することを決めた。

 アステラスは、自社創製したダレキサバンを将来の大型製品と位置づけ、これまでVTE予防、心房細動(AF)患者を対象とした脳梗塞予防、急性冠症候群(ACS)患者を対象とした虚血性イベント予防の適応で、グローバル開発を進めてきたが、多額の費用が必要となる第III相試験以降の開発については、自社単独より他社との提携による共同開発を模索してきた。

 また昨年9月には、VTE予防の適応で国内承認申請を行ったが、今年2月に医薬品医療機器総合機構(PMDA)から新たな追加試験を要求されたことから、国内申請を取り下げていた。

 こうした状況を踏まえ、アステラスは、引き続きダレキサバンの開発パートナー選定を進めてきたが、最終的に満足できる条件で提携を行うことが難しいと判断。抗凝固薬市場における競合他社の開発状況や、他の開発品との優先順位などを総合的に検討した結果、ダレキサバンの全ての適応症における開発中止を決定した。

 ダレキサバンの開発については、日本国内とアジアでVTEを対象とした第III相試験、AFを対象とした第II相試験、欧州でVTE、AF、ACSを対象とした第II相試験、米国でVTEを対象とした第II相試験を実施していた。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録