HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬価本調査】乖離率は平均8.4%

2011年12月2日 (金)

 厚生労働省は2日、薬価本調査の速報結果を中央社会保険医療協議会に提出した。それによると、医療用医薬品の基準収載価格と9月取引分の市場実勢価格の平均乖離幅は、前回2年前と同じ8・4%だった。調整幅を現行通り2%に維持した場合、来年4月に6%以上の薬価引き下げを行うことになる。

 薬効別では、内用8・9%、注射7・4%、外用7・6%だった。

 後発品シェアは、数量ベースで22・8%、金額ベースで8・8%だった。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録