HOME > 無季言 ∨ 

C型慢性肝炎に待望の新薬

2011年12月21日 (水)

◆C型慢性肝炎に待望の新薬が登場した。田辺三菱製薬が11月に発売したNS3‐4Aプロテアーゼ阻害剤「テラビック」(一般名:テラプレビル)だ。従来のペグインターフェロンα‐2bと抗ウイルス剤「リバビリン」に、同剤を加えた3剤併用療法が可能になる
◆3剤併用療法は、ペグインターフェロンαとリバビリンの併用療法に比べ、ジェノタイプ1のC型肝炎患者に対して、治療効果の改善と治療期間の短縮をもたらす。無効例や再燃例にも効果が期待されている
◆虎の門病院の熊田博光医師によると、3剤併用療法はヒト側の遺伝子であるIL28BがTTだと90%以上の確率で治療でき、TG/GGであってもウイルス側の遺伝子「コア70」に変異がなければ、治療効果は高いとする。C型肝炎治療の個別化医療に道を開く結果だ
◆ただし、3剤併用療法の副作用発現率は100%。田辺三菱では同剤を「安全性対応最重視製品」と位置づけ、全例調査で安全性情報を収集し、医療現場に情報提供していく方針だ。確実な適正使用を求めたい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録