HOME > 書籍 ∨ 

【書籍】薬剤師のための感染制御マニュアル 第3版

2011年12月19日 (月)

待望の第3版!第2版を大幅改訂!

 日本病院薬剤師会が薦める感染制御専門薬剤師のためのテキスト。第2版に比べて内容も一新され、薬剤耐性、医療関連感染(院内感染)などの記載も詳細になり、感染制御専門薬剤師には欠かせない必要な内容が充実した改訂版。

 感染制御の第一戦で活躍する医師及び薬剤師らが分担執筆し、テーマに沿って基礎知識から対策の実際まで詳細に解説している。

本書の内容

第I章 総論
 1.専門薬剤師制度と感染制御専門(認定)薬剤師
 2.医療関連感染制御の変遷
 3.感染制御に関わる法制度
第II章 病原微生物・感染症・抗菌薬の基礎知識
 1.感染制御のための微生物の基礎知識
 2.留意すべき細菌感染症の基礎知識
 3.留意すべき真菌感染症の基礎知識
 4.留意すべきウイルス感染症の基礎知識
 5.新興・再興感染症
 6.抗菌薬の基礎知識I(β-ラクタム薬)
 7.抗菌薬の基礎知識II(その他の抗菌薬)
 8.抗菌薬の基礎知識III(合成抗菌薬)
 9.抗真菌薬の基礎知識
 10.抗ウイルス薬の基礎知識
 11.消毒薬の基礎知識
 12.薬剤耐性菌の基礎知識
 13.感染症とワクチン
 14.感染症と臨床検査
第III章 抗菌薬の適正使用
 1.抗菌薬の選び方
 2.抗菌薬のPK-PD
 3.抗菌薬のTDM
 4.抗菌薬の使用上の注意点
 5.腎障害時における抗菌薬の適正使用
第IV章 感染症の予防とその治療
 1.感染症の予防と治療の基本
 2.敗血症 sepsis
 3.好中球減少症患者
 4.肺炎
 5.インフルエンザ
 6.結核の予防と治療
 7.腸管感染症
 8.尿路感染症とその病院感染対策
 9.性感染症
 10.HIV感染症
 11.ウイルス性肝炎
 12.カンジダ症
 13.疥癬とその対策
 14.手術部位感染症
 15.小児の感染症
第V章 感染対策の実際
 1.エビデンスに基づいた感染対策
 2.感染制御とガイドライン(情報収集方法を含む)
 3.サーベイランスとアウトブレイクへの対応(統計を含む)
 4.洗浄・滅菌の実際
 5.消毒薬の適正使用-生体に対する消毒-
 6.消毒薬の適正使用-器材・環境に対する消毒-
 7.注射薬と無菌調製-輸液調整のポイント-
 8.医療廃棄物と感染
 9.病院感染対策の経済性
 10.病院感染対策のネットワーク化
 11.医療関連感染対策における薬剤師の役割


【監修】一般社団法人 日本病院薬剤師会
【編集】日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師部門
【判型・頁】A4版・415頁
【定価】5,400円(消費税等別)
ISBN:978-4-8408-1194-1 C3047


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

書籍 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録