HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【兵庫県】ジェネリック薬のシェアは23.2%‐目標達成へさらに促進策

2012年2月21日 (火)

 兵庫県のジェネリック薬(GE薬)の数量シェアは、2011年度(11年10月時点)に23・2%となり、目標を下回って推移していることが20日、神戸市内で開かれた兵庫県薬事審議会で報告された。10年度に比べ伸びは0・5%増にとどまった。

 兵庫県は09年に、3カ年の「GE医薬品使用促進計画」を策定した。GE薬の数量シェアを10年度24%、11年度27%、12年度30%以上と段階的に伸ばす目標を立てたが、過去2年度はいずれも目標値に到達しなかった。

 ただ、兵庫県薬剤師会の調査によると、神戸市長田区のGE薬数量シェアは30・3%と高く、宝塚市では18・1%と低いなど、地域によって大きく差があるという。

 兵庫県は、国の目標と同じく12年度に30%以上にシェアを高めることを目指し、引き続きGE薬の使用促進に取り組む。11年度に続き、GE薬から先発品に戻った事例の調査を約2400軒以上の薬局を対象に実施する。さらに、こうした事例について、兵庫県立健康生活科学研究所で先発品とGE薬の溶出試験などを実施し、品質保証の観点から科学的検証を行う計画だ。

 このほか11年度と同様に、▽県民向けリーフレットの作成・配布▽県民に対する出前講座の実施▽医療関係者への説明会の実施――などを行う。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録