HOME > 企画 ∨ 

【医薬人材サービス活用法】キャリア・ポジション

2012年2月27日 (月)

薬剤師と企業の成長支援‐重要さ増す薬局・Dgsの人材戦略

西鶴氏

 大阪と名古屋に拠点を構えるキャリア・ポジション。代表取締役の西鶴智香氏は「薬剤師を取り巻く環境は今後厳しくなる。選別、淘汰されるようになる」と見通す。選ばれる薬剤師になるために、自分はどんな能力を身に付け、どのようなキャリアを築きたいのかを意識することが大切という。一方、企業側も優秀な薬剤師から選ばれるために、しっかりした経営ビジョンや人事戦略を形作る必要がある。薬剤師のキャリアアップと企業の成長、その両面を「後方から支えられる会社として位置づけられたい」と話す。

 同社は2004年に創業。主に薬剤師の人材紹介業を手がけてきた。西鶴氏を含め2人の「米国CCE認定GCDF-japanキャリアカウンセラー」が、転職を考える薬剤師のキャリア設計にまで踏み込んで相談に応じ、それに沿った職場を紹介していることが特徴。

 様々な薬剤師の相談に応じる中で「最近は、キャリアアップを求め次の職場を目指す優秀な薬剤師と、現状に不満を抱きビジョンなきまま転職を希望する薬剤師に、はっきり二極化してきた」と西鶴氏は語る。

 今後は、6年制教育を受けた薬剤師の登場や医療費抑制の推進など、環境は厳しくなる。売り手優位の感覚を持ち続ける薬剤師が未だに存在する一方、危機感を抱き、生き残りを強く意識する薬剤師も増えつつある。

 薬局やドラッグストアでも、薬剤師の人柄や能力を見極めて採用する傾向は強まってきた。優秀な薬剤師を確保したいというニーズも強い。例えば、高いコミュニケーション能力を持ち患者の気持ちが分かる薬剤師や、人の上に立って組織を活性化できるマネジメント能力が高い薬剤師が求められているという。

 同社は、単なる人材紹介にとどまらず、紹介先の企業の人材戦略にも関わってきた。「なんでもかんでも薬剤師を紹介している訳ではない。現場で調剤をする薬剤師から幹部候補の薬剤師まで、いかに経営発展に必要な人材を揃えられるかを意識して取り組んできたし、そこは評価していただいていると思う」

 西鶴氏は96年にリクルートを退社後、人材派遣会社を経て独立。薬局のドラッグストアの人事・採用アドバイザーとして活動し、04年に同社を立ち上げた。この経歴を背景に「薬局チェーンの社長から人材育成について具体的に助言を求められることが多い。どの社長も薬剤師をどう育成したらいいのか、悩んでいる」と話す。

 薬局やドラッグストアから社員の教育・研修を依頼されることも増えた。接遇、クレーム応対、マネジメント、キャリアデザイン、コミュニケーション、ビジネスマナーなどの研修を実施している。薬系大学でも学生の就職ガイダンスやキャリア教育を行っており、さらに引き合いがあるという。このほか、他の医療職や介護職向けの教育・研修に出向く機会も少なくない。

 来るべき薬剤師の淘汰時代。それに向けて、質の高い薬剤師の育成や企業の発展を支援するという同社の姿勢が、より鮮明になってきた。

キャリア・ポジション
http://www.career-position.com/




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録