HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【トクホ制度】20年が経過‐許可件数1000品目に到達

2012年5月23日 (水)

 特定保健用食品(通称トクホ)は、国が食品に「健康に役立つ」表示を許可する世界で初めての制度で、1991年にスタートしてから20年が経過した。20年の間に何回かの制度改革が行われ、多くのヒット商品も生まれたが、その特保許可品目が今月、1000品目に到達した。

 トクホには体調を整える成分が入っており、その食品が本当に健康に役立つかどうか、動物やヒトで効果や安全性の試験を行った上で申請され、国の厳正な審査を経て、消費者庁より表示が許可される。

 93年に第1号として、アレルゲン低減食品2品目(ファインライスと低リンミルクLPK)が許可され、その後は件数が順調に増加。97年には累積許可品目数が100品目に到達し、05年には500品目を突破。今年5月に1000品目に到達した。

 日本健康・栄養食品協会が、97年度からトクホの表示許可を取得した企業に行ったアンケートで分かった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録