HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵キリン】花井社長「重要施策に自社抗体の海外展開‐核酸医薬は臨床入り目指す」

2012年8月24日 (金)

 協和発酵キリンの花井陳雄社長は、本紙のインタビューに応じ、来年度からスタートする次期中期経営計画について、自社抗体「KW‐0761」の海外展開を重要施策とする方針を明らかにした。また、腎領域を中心とした国内営業の強化に加え、研究開発では核酸医薬の臨床入りを目指す方向性も示した。花井氏は、「KW‐0761の海外展開を通じて、グローバルスペシャリティファーマの道をしっかり作っていきたい」と意欲を示した。

次期中計策定で方向性

 花井氏は、今年度で最終年度を迎える中計について、「ほぼ当初の目標を達成しつつある」と手応えを示す。2008年10月に協和発酵とキリンファーマが統合した成果として、「研究や開発領域だけでなく、営業での相乗効果も出てきている」と評価。一方、海外展開は、昨年2月に英プロストラカン社を買収し、目標に掲げるグローバルスペシャリティファーマに道筋をつけた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録