HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日医総研報告書】レセコン・電カル・手書き、一般名処方の割合に格差

2012年9月3日 (月)

 日本医師会総合政策研究機構の調査報告書で、処方箋の作成手段がレセプトコンピュータ、電子カルテ、手書きの場合で一般名処方加算を算定する診療所の割合に違いがある実態が浮き彫りになった。また、一般名処方に基づいて調剤した薬剤に関する薬局から診療所への情報提供方法の取り決めについて、その都度連絡することにしているのは3割弱で、継続服用してきた薬剤の変更時、伝達不要としているケースがそれぞれ2割強を占めることも分かった。

 一般名処方加算の算定割合をめぐっては、日医が院外処方の診療所全体で61・0%になるとの調査結果を公表していたが、処方箋の作成手段別の数字は示していなかった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録