HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬】薬局の無菌調剤指針作成‐「管理マニュアル」も提示

2012年9月3日 (月)

 日本薬剤師会は、薬局で無菌製剤(注射剤)を調製する際の取り組みについて、製剤特性や汚染リスクを勘案した「薬局における無菌製剤(注射剤)の調製について」を取りまとめた。無菌調剤の種別ごとに、必要とされる無菌設備の組み合わせを示したもので、薬局が無菌製剤に取り組む際の指針となるもの。

 日薬が実施した在宅医療に関する実態調査によれば、薬局が実施している無菌製剤の調剤は、[1]患者がそのまま使用することを前提とした無菌製剤[2]患者が使用時に混合することを前提とした無菌製剤[3]TPN基本液とその他の注射剤の混合(▽市販されている無菌医薬品を滅菌された連結管等を用いて閉鎖系で注入し、調製した製剤▽前記に該当しない製剤)[4]抗がん剤の調製[5]粉末アミノ酸製剤等を生食に溶解させる等[6]バルーン式持続皮下注入器への薬液充填――の6種類と推察される。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録