HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【宮城県薬】モバイルファーマシー完成‐災害時の支援活動体制を強化

2012年9月21日 (金)

完成したMP

 宮城県薬剤師会は、東日本大震災後の支援活動を教訓に、次代に向けた災害時支援活動強化策の検討を進めている。その中心となるMobile Pharmacy(MP)がこのほど完成、ナンバープレートも取得した。佐々木孝雄同会会長は「昨年、全国からたくさんの仲間に来ていただき、資材も提供していただいたが、足りないのは調剤設備だった。薬は目の前にあるのに、交付できなかったことが多くあった。二度と悔しい思いはしたくないと自力開発に踏み切った。ただ、あくまでプロトタイプ。全国の皆さんには、われわれの提案を持ち帰り、深化してくれればと思っている」と語る。10月に浜松市で開かれる第45回日本薬剤師会学術大会に、浜松まで運行し、会場で展示する予定だ。

 宮城県薬では、先の大震災の経験を踏まえ、ライフライン喪失下の被災地でも、散剤・水剤をはじめ各種医薬品を供給する機動力、電力、調剤用水を有する自立自動型の医薬品供給ユニットとしてMP構築を中心とした災害時の支援活動強化策を検討してきた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録