HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

HTA活用メリットなど例示‐国立保健医療科学院 福田氏が講演

2012年9月25日 (火)

 医療技術評価(HTA)の政策利用をテーマにしたシンポジウムが都内で開かれ、福田敬氏(国立保健医療科学院上席主任研究官)が、新薬の薬価算定や既存薬の薬価改定を行う際の加算要件や、引き上げ・引き下げの評価材料にHTAを活用する場合のメリットや課題を示した。

 まず、新薬の薬価算定時の加算要件に「既存治療に比して費用対効果が良好であることが客観的に示されていること」を追加する場合、制度への影響が最も小さく、導入が容易といったメリットがある一方、有用性加算、画期性加算のハードルが高くなると指摘。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録