HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本イーライリリー】骨粗鬆症の患者は日常生活の支障多い‐調査を実施

2012年10月16日 (火)

 日本イーライリリーが実施した「骨粗鬆症に関する意識調査」によると、骨粗鬆症患者の約9割が「日常生活に支障あり」と回答したほか、患者の悩みとしては、「痛み」や「骨折の恐れ」などが多かった。

 調査対象は、骨形成促進剤を使用している骨折リスクの高い骨粗鬆症患者438人。回答者の平均年齢は73・4歳で、60歳代以上が95%を占めた(60歳代25・1%、70歳代45・7%、80歳代20・8%、90歳代3・4%)


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録