HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【IFPW第19回総会】「日本卸」特徴アピール‐世界的共通課題を総合討論

2012年10月26日 (金)

IFPWカンクン総会セッション

 国際医薬品卸連盟(IFPW)第19回総会が22、23の両日、メキシコ合衆国カンクンで開かれ、世界から200人以上が参加した。「医薬品卸がつなぐ医療の絆―物流を超えた付加価値サービスの提供と薬局ビジネス」をテーマに、総会の講演やセッションでは、ジェネリック薬(GE薬)、スペシャリティドラッグ(特定医薬品)、バイオシミラーなどが多く取り上げられ、世界的に共通して関心が高いことが明らかとなった。IFPWボードメンバーによるセッションでは、日本から長谷川卓郎氏(エバルス社長)が参加し、新薬創出加算制度で特定医薬品が迅速に出来ていることや、GE薬普及も医師へのインセンティブによって目標に近づいていることを報告した。次回2014年の総会は中国・北京で開催される。

 「特定医薬品の流通と医薬品の将来」では、特定医薬品の定義や流通上の課題などが議論された。日本からは眞鍋雅信氏(ほくやく社長)が登壇し、世界と比較して厳しい日本の規制に触れ、マイナス8℃という通常の物流ではない規制にも慣れ、医薬品卸としては厳しすぎるとは思っていないとの認識を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録