HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東和薬品】京都分析科学センター開設‐最新技術によるGE薬評価を実施

2013年4月19日 (金)

吉田社長

吉田社長

 東和薬品は16日、昨年末に京都リサーチパーク内で開設した「京都分析科学センター」の内覧会を開催した。吉田逸郎社長は「一般的なジェネリックの評価として、効き目が同じで安いことは知れわたっているが、まだ専門家の中には、安いだけでは品質が心配だとの意見もある」と指摘し、同センターで行う科学的な分析や評価データを示すことで「(ジェネリックの)品質、安全性、効果が正当で公平に評価されることを期待している」と語った。

 同センターは大阪府門真市の製剤研究施設が人員増や業務の専門化に伴って手狭になったことを受けて移設したもので、生物学的同等性など開発段階で医薬品評価を行う「生物分析課」、市販製品の評価を行う「GE科学評価チーム」を設置している。同社が独自に開発した医薬品の肝障害リスク予測法であるTLEX(Toxicity of Liver Examination)法などの最新技術を用いた分析も実施している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録