HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本ジェネリック医薬品学会第7回学術大会】700人超がGE薬普及の方向性探る

2013年07月11日 (木)

佐々木氏

佐々木氏

 日本ジェネリック医薬品学会は6、7の両日、東京・品川の昭和大学旗の台キャンパスで第7回学術大会(大会長:佐々木忠徳亀田総合病院薬剤部長)を開催した。都心で今年初の猛暑の中、約720人が参加し、厚生労働省のロードマップなど、新たな政策動向を踏まえて、さらなるGE薬使用促進の方向性を探った。

大会長講演‐高付加価値製剤の投入に期待

 佐々木氏は、GE薬に期待する付加価値として、▽口腔内崩壊錠などの製剤的特徴▽用量規格の大きな製剤▽薬剤師による持参薬チェックなどを容易にする識別性の高い製剤▽安全性の高い抗癌剤のガラスバイアル製剤――などを挙げた。大用量規格製剤については、「廃棄量を減らす観点からも必要ではないか」と指摘し、パクリタキセル300mgやバンコマイシン5g、同10gを例示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報