HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

「漢方医療に国家的戦略を」医・薬・農・法の専門家が議論

2013年07月23日 (火)

シンポジウム「薬草産業の将来展望」

シンポジウム「薬草産業の将来展望」

 自国の伝統医療の国際標準化を目指す中国・韓国に対し、日本でも漢方医療の国家戦略が求められている。特に漢方薬の原料となる生薬では、8割以上が中国からの輸入に依存し、国内自給率は約13%と、国産生薬の安定的確保が課題だ。このほど都内で開かれたシンポジウム「薬草産業の将来展望」では、薬学・法学・医学・農学の専門家が産官学の連携のあり方などを探った。

 医学の立場から渡辺賢治氏(慶應義塾大学教授)は、現在の漢方医療について、「医者の9割が日常診療で漢方薬を使用しており、一つの医師免許で西洋医学と漢方医学の両方に対応できる」と質の高さを強調。ただ、ISO/TC249など伝統医療の国際標準化をめぐっては、「自国医療を世界遺産に登録しようとしている中国・韓国の前に、日本は傍観者になっている」と指摘した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報