HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

海外大手13年度上半期決算‐J&Jが二桁増収

2013年8月20日 (火)

 海外大手製薬企業の2013年上半期決算が出揃った。新製品群や癌領域が好調な4社が増収を達成し、特にジョンソン・エンド・ジョンソンは前年同期に引き続き、二桁の伸びとなった。一方、主要製品の特許切れ影響が大きかった。米メルクや英アストラゼネカ、米ブリストル・マイヤーズスクイブは二桁減収に落ち込むなど、明暗が分かれた(端数は切り捨て)


表:海外大手製薬企業・2013年上半期決算

米ファイザー

 米ファイザーの医薬品業績は、後発品の影響を受けた高脂血症治療薬「リピトール」の大幅減で、前年同期比7%減の253億ドルとなった。

 バイオ医薬品部門は8%減の236億ドルとなった。オンコロジー事業はインライタやザーコリなどの新製品が貢献し28%増と拡大したが、スペシャリティ事業は3%減、エスタブリッシュ事業は7%減、プライマリケア事業は15%減と苦戦した。地域別では、米国が9%減、欧州が15%減となった一方で、新興国市場が4%増と堅調だった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録