HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【イーライリリー】癌治療の実態と認識に乖離‐6カ国で意識調査

2013年8月26日 (月)

 日本イーライリリーは、日本を含む先進6カ国の癌患者・介助者・一般を対象に、癌治療に関する意識・実態調査を行ったところ、各国とも癌患者・介助者の多くは、癌治療における最新の話題の一つである「個別化治療」を聞いたことがなく、6割以上が新しい治療法の選択について、患者へ十分な情報がないと感じていた。このほか、各国において一般の多くは、癌治療薬の開発期間や開発投資額に関する認識に、実態との乖離があり、癌治療への理解が十分に浸透していない状況も明らかになった。

 同調査は、イーライリリーが癌治療への理解促進を目的に、先進6カ国で実施するプロジェクトPACE(Patient Access to Cancer care Excellence)の一環として昨年秋、日本・アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリアの6カ国において、癌患者600人(各国100)、介助者(家族や友人など)600人(各国100)、一般3000人(各国500)を対象に実施。癌患者と介助者へはインターネット、一般には電話でアンケートを行った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録