HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医薬品第二部会】アバスチン、卵巣癌の適応追加‐2件の一変を報告

2013年10月23日 (水)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は18日、中外製薬の抗癌剤「アバスチン」への卵巣癌の適応追加や、ファイザーの抗癌剤「ファルモルビシン」の肝癌に対する肝動脈化学塞栓療法(TACE)の用法・用量追加の一部変更承認の報告を受けた。いずれも、薬事分科会への報告は行わず、正式承認の手続きに入る。

 ▽アバスチン点滴静注用100mg/4mL、同400mg/16mL(中外製薬):有効成分のベバシズマブ(遺伝子組み換え)を含有し、卵巣癌の効能・効果を追加する新効能医薬品。再審査期間は残余の2015年4月17日まで。同様の適応で、海外では110カ国で承認されている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録