HOME > 無季言 ∨ 

平和であってこそ

2014年3月10日 (月)

◆世界の至る所がきな臭い。戦後、日本に生まれて、生きている間に戦争に巻き込まれると思ったことは一度もなかったが、どうも怪しくなってきた
◆ヨーロッパではウクライナ情勢が緊迫し、ロシア対欧米という対立軸が改めて明確になった。戦争の世紀と呼ばれた20世紀が終わったが、21世紀になった今でも地域紛争は後を絶たない。アジアに目を転ずれば、まさかの日本が紛争危機の当事国になってしまっている
◆69年前に敗戦した後に平和憲法なるものに立脚して、国権の発動たる戦争と武力の威嚇・行使を放棄し続けてきた日本がである。日々安寧な生活を送ることや、生き甲斐を持って仕事をすること、社会保障による年金、医療、介護も享受できるのは、社会の平和が保たれていることが大前提であることは誰でも知っている。爆撃され、銃弾が飛び交う中では、普通の生活も仕事も不可能であろう
◆明日、東日本大震災から3年を迎える。甚大な自然災害の傷を癒して立ち直ろうとしている今こそ、平和を願わずにはいられない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録