「健康と医学の博物館」の第6回企画展示「糖尿病の真実」を今月13日から8月10日まで開催 東京大学病院

2014年3月26日 (水)

 東京大学病院=「健康と医学の博物館」の第6回企画展示「糖尿病の真実」を今月13日から8月10日まで開催している。

 糖尿病は生活習慣病の代表格で、国内には1000万人以上の患者がおり、年間8万人近くが糖尿病に関連した原因で死亡している。当初は無症状だが病状が進むと強いのどの渇き、大量の尿排泄、痩せ、大小の血管障害などを合併するため、予防・治療が必要となる。

 今回の企画展では、糖尿病の原因や合併症をできるだけ分かりやすく解説すると共に、診断や治療への取り組み、東大で行っている最新の研究を紹介している。なお、常設展「近代から現代への医学の歩み―医学部と付属病院の150年」も見学できる。

 開館時間は10~17時。休館日は毎週月曜日(月曜が祝日の場合は開館)。入場は無料。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録