TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】危険ドラッグ21物質を指定薬物‐「無承認薬」適用も視野に

2014年08月19日 (火)

 厚生労働省は15日、危険ドラッグに使われる21種類の物質を指定薬物に指定する省令を公布した。25日に施行され、これらの物質を含む製品の製造、輸入、販売、所持、使用等が原則禁止される。

 指定されたのは、▽5-Fluoro-ABICA▽5-Fluoro-NPB-22▽4Cl-AMP▽DL-4662▽FDU-PB-22▽BiPICANA――など21種類。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報