HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

レジメン登録の内容間違い、抗癌剤を誤って過量投与‐評価機構が注意喚起

2014年8月19日 (火)

 日本医療機能評価機構は、抗癌剤のレジメン登録を行った際に内容を間違えて登録し、患者に投与された事例を15日付の「医療安全情報」で報告し、関係者に注意喚起した。

 抗癌剤のレジメン登録を行った際に内容を間違えて登録し、患者に投与された事例は4件。具体的には、電子カルテ移行に伴う新システム導入時、以前実施されていた肺癌の抗癌剤の全レジメンを薬剤部で入力し、診療科が内容を確認する作業を実施。「小細胞肺癌におけるCBDCA(パラプラチン注射液)+CPT‐11(カンプト点滴静注)併用療法」の登録時、カンプト点滴静注の投与量が50mg/m2のところ、100mg/m2になっていることに気づかず登録した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録