【新製品】乾燥性皮膚炎治療薬のHPローション新発売 ノバルティスファーマ

2014年9月1日 (月)

HPローション

 ノバルティスファーマは、保湿・血行促進・抗炎症作用を持つ「ヘパリン類似物質」が優れた保湿力を発揮し、皮膚を滑らかにするOTC医薬品の乾燥性皮膚炎治療薬「HPクリーム」の新たな剤形として、するっと広がるクリアローションタイプの「HPローション」(第2類医薬品)を、8月25日に新発売した。

 皮膚が乾燥すると、皮膚の水分保持機能の低下と共にバリア機能も低下し、外的刺激が侵入しやすくなって、かゆみや発疹などの症状が現れる。近年は加齢だけでなく、エアコンの普及や住宅の気密性向上、ストレスなどにより、肌の乾燥に悩む人が増えており、日本人の成人全体の3分の1とも言われる。

 「HP」シリーズの有効成分であるヘパリン類似物質は、[1]保湿(皮膚の水分保持力を向上させ、バリア機能を改善し、異物の侵入を防ぐ)[2]血行促進(血流を良くすることで皮膚の新陳代謝を高め、再生を促進する)[3]抗炎症(炎症により見た目が気になる荒れた皮膚症状を鎮め、正常な状態へ導く)――の三つの作用が特徴で、50年以上前から医療現場で頻繁に処方されてきた成分。

 新発売の「HPローション」は、100g中にヘパリン類似物質を0・3g配合。手指の荒れ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮膚、しもやけ、キズや火傷の後の皮膚のしこり・つっぱり等に効果を発揮する。

 広めの患部や有毛部位にも、するっと広げられるクリアローションタイプで、汗をかきやすい季節も使いやすい。アルコール(エタノール)無配合。50mLボトル容器で、税別希望小売価格1648円。

 これでHPシリーズは、好評発売中のチューブ入り「HPクリーム」(25g、60g)と合わせ2剤形3アイテムとなり、ドライスキンに悩む人への選択肢が広がった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録