HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【製薬協など5団体】名古屋議定書で要望書‐拙速な批准に警鐘鳴らす

2014年10月10日 (金)

 日本製薬工業協会、日本漢方生薬製剤協会、バイオインダストリー協会(JBA)など5団体は7日、生物多様性条約に附属する「名古屋議定書」が今月12日にも発効される見込みになったことを受け、産業界との調整を図るなど、曖昧な問題を解決しない限り批准すべきでないとする要望書を、厚生労働大臣など関係大臣に提出した。

 同議定書は、生物多様性の保全に関する取り決めではなく、遺伝資源を提供する側と遺伝資源を利用する側との利益配分に関する枠組みを定めたもので、製薬業、農林水産業、製造業など幅広く影響を及ぼす。現在、批准国は50カ国を超えている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録