HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士フイルムHD】新中計、16年度ヘルスケア4400億円‐バイオ医薬品CMOを拡大

2014年11月14日 (金)

 富士フイルムホールディングスは11日、今年度から3カ年の新たな中期経営計画「VISION2016」を発表した。ヘルスケア事業は医療機器販売やバイオ医薬品受託製造が牽引し、2016年に売上高を13年度実績から15%増の4400億円まで引き上げる。新薬開発も加速させて18年度以降の利益貢献を目指す。再生医療分野ではジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J‐TEC)を今年度中に連結子会社化してグループ間シナジーを最大化させる。

 古森重隆会長は同日の会見で、X線フイルム中心の事業構造から脱却した経緯を「新しい事業分野は生易しい道ではなかったが、努力が実を結び、安定的に利益やキャシュが創出できる経営基盤を確立できた」と振り返り、「医薬品事業がひとつのポイント。研究開発費を前倒しで投入し、新薬の研究開発やM&Aを進めている」と述べた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録