HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【がん対策推進協議会】若い癌患者の生殖医療対策を‐妊よう性温存等へ意見書

2014年12月19日 (金)

 若い癌患者の妊よう性温存など生殖医療の普及に取り組む「日本がん・生殖医療研究会」の阿南里恵氏は12日、がん対策推進協議会に、若年癌患者の生殖医療、緩和ケアに関する意見書を提出した。15~29歳の若年者を指す「AYA世代」を中心とする患者に対し、癌治療を最優先としつつ、妊娠のしやすさを保つ生殖医療の取り組みや生殖機能喪失による身体的・精神的苦痛への緩和ケア対策を、国が早急に講じるべきとした。

 同協議会の委員を務める阿南氏は、抗癌剤や放射線治療による卵子減少のおそれから妊よう性が失われる不安を覚え、本格的な治療を受ける決心ができない患者の存在を指摘。生殖機能に影響が出る若い癌患者に向け、生殖医療と連携した癌治療の取り組みや医師、不妊症看護認定看護師、臨床心理士などによる緩和ケアの構築などを、次期がん対策推進基本計画の目標に盛り込む必要があると訴えた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録