HOME > 無季言 ∨ 

「医薬分業」の規制見直し、慎重な議論を

2015年3月16日 (月)

◆先週木曜日の午後の霞が関。政府の規制改革会議は「医薬分業」の規制見直しに向けた公開ディスカッションを開催した。論点は「利便性」と「コストメリット」。会議では、“門内薬局”を容認すべきとする、医薬分業の根幹を揺さぶる見解も相次いだ
◆歴史的に医薬分業は、国民の要望というよりは、政策誘導の中でソフトランディングで進めてきた制度ではある。それだけに現場での課題も山積しているのは事実。それに対して厚労省担当者も「道半ば」というコメントで説明した
◆患者にとって、医薬分業の多くの利点は今さら挙げるまでもない。しかし、利便性やコストを上回るメリットを、国民全てが実感できるまでに至っていないのも事実だろう。踊り場としての議論や検証は必要な時期なのかもしれない
◆会議を傍聴した有村治子内閣府特命担当大臣は、今回の議論がテーブルに上がったことを「画期的」と評価する一方で、国民にとって『お買い得かどうか』という視点も強調した。結論ありきではなく、慎重に議論を尽くしてほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録