HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】遺伝子検査の体制議論‐検討会を設置へ

2015年6月22日 (月)

 厚生労働省は、いわゆる遺伝子検査ビジネスの実態などを踏まえ、適切な遺伝学的検査のあり方を議論する検討会を立ち上げる。病気のリスクなどが調べられる民間サービスでは、検査の品質管理や情報提供の方法にバラツキがあることから、厚労省は今後、政府のゲノム医療実現推進協議会や関係府省と連携し、必要な対応等を検討する方針。今年度内をメドに検査体制のあり方等をまとめる。

 このほど厚労科学研究班がまとめた報告書によると、病気の原因や薬の有効性などを調べる医療上の検査では、検査室の整備や精度管理責任者の配置など、精度管理の要件が法的に定められ、検査が正しく行われていた。一方、医療外の目的で、消費者自身が病気のリスクや体質などを知るために利用する民間の検査では、品質保証の管理は自主規制とされ、情報提供の方法でも検査結果を医療機関を介さずに通知するケースが見られた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録