HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本医師会】医療機関経営は危機的‐実態調査をもとに主張

2007年10月30日 (火)

関連検索: 日本医師会 医療機関経営 実態調査

手前が竹島副会長、奥が中川常任理事
手前が竹島副会長、奥が中川常任理事

 日本医師会は26日、中央社会保険医療協議会が同日明らかにした医療経済実態調査速報値に対し、[1]一般病院は危機的状況にある[2]一般診療所は、収入は微増だが、コスト削減が限界にきている””との見解を発表した。民間病院もコスト削減を進めているが、これ以上の削減は「医療の質の低下を招く」としている。

 中医協委員の竹島康弘副会長と中川俊男常任理事が会見して発表した。中川氏は「まず診療報酬全体の底上げが絶対に必要である。特定機能病院への資源集中や『7対1』の無理な拡大は是正されるべきである」と訴えた。

 診療所は一般病院より経営状態は良いように見える点について、中川氏は「損益分岐点比率は90%に突入しており、一般企業であれば危険水域にある」と強調した。

関連検索: 日本医師会 医療機関経営 実態調査




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録