HOME > 無季言 ∨ 

迫られる防犯対策

2016年1月22日 (金)

◆昨年秋から大手薬局・ドラッグストア企業をめぐる心配な出来事がある。深夜未明に店舗内へ侵入者があり、現金のほか個人情報を含むUSBメモリ等が入った金庫、あるいは保険請求用のデータが記録されたパソコンが盗まれたというもの
◆このほか会員カード作成時の申込書類が、施錠された保管庫ごと盗難にあったケースも。当然どの店舗も防犯体制は取られている。前記薬局チェーンでは、同一圏内で同様の盗難被害が数件発生していることもあり、セキュリティ対策と個人情報の管理体制をより一層強化することになった
◆一方、小売業でここ数年、非常に憂慮されているのが、外国人グループによる大量窃盗と常習万引事件だ。周囲を見張る役、商品を買物かごに入れる役、そして持参した手提げ袋に商品を移す役というように、役割分担が確立されているとか
◆特にドラッグストアでは、転売目的で高品質な日本製の化粧品や健康食品が盗まれるケースが目立つという。防犯対策に関しては「過ぎたるは及ばざるが如し」ではないようだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録