HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

インフルエンザの流行‐過去10年では最速

2007年12月5日 (水)

関連検索: インフルエンザ 厚生労働省 厚労省 国立感染症研究所 感染症週報

 厚生労働省は4日、「インフルエンザ流行シーズンに入ったと考えられる」と発表した。流行シーズンに入った時期としては例年より102カ月程度早く、ここ10年では最も早いという。検出されているウイルスのほとんどはAH1型。

 国立感染症研究所の11月19日025日までの調べで、定点観測している医療機関1施設あたりの患者数が1・53人と、流行開始の目安の1人を上回ったことから、今回の発表となった。

 国立感染症研究所では、感染症週報・第46週(11月12日018日分)で、11月下旬以降「インフルエンザの流行が早めに始まる可能性が高い」との見解を示していた。

 今季のインフルエンザは、流行の立ち上がりが非常に早く、11月上旬時点で定点観測医療機関(小児科・内科5000施設)の1施設当たり報告数は、流行開始の目安である1人に近い0・94人に達しており、過去10年の傾向と比べ数倍のレベルにあった。

 報告の4割は509歳で、次いで多いのが004歳。報告数が多い都道府県は北海道、沖縄、神奈川で、北海道が急激な増加、関東、近畿、中部、中国の各地域からの報告も目立ってきたという。

 また、11月末に厚生労働省から発表されたインフルエンザとみられる児童(保育園、幼稚園から中学校まで)数は、11月24日までの一週間に約1万人増えて2万4300人、うち欠席は6904人に上った。いずれも前年同期に比べ80倍を超える。休校や学級閉鎖などの措置をとった施設も439施設あった。

関連検索: インフルエンザ 厚生労働省 厚労省 国立感染症研究所 感染症週報




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録