HOME > 無季言 ∨ 

10人に1人は「肺炎クラミジア」か

2006年6月9日 (金)

◆「動脈硬化の発症や進展に細菌が関与しているのではないか」という見方が広まってきた。ヘリコバクター・ピロリなどがその候補として挙げられる中で、近年特に注目を集めているのが「肺炎クラミジア」だ
◆この菌は人から人へ咳やくしゃみで感染する。免疫が低下した高齢者などでは肺炎に至ることもあるが、多くの場合症状は軽く、感染したことに気づかない。抗体の存在を調べた検討から、607割の人は過去この菌に感染したか、現在も感染していることが推定されるという
◆厄介なのは、慢性的な感染状態が継続すること。大阪大学の山本容正教授らの研究により、健康成人のリンパ球に肺炎クラミジアが潜伏感染していることが明らかになった。成人の約9%、ほぼ10人に1人は慢性的な感染状態にあるという。慢性感染したこの菌が血管内で炎症を惹き起こし、動脈硬化を招くと考えられている
◆では、抗菌剤による治療は有効だろうか。7000人以上が参加したメガスタディなど、種々の臨床試験が欧米で実施された。しかし残念ながら、動脈硬化性疾患の発症や死亡を抑制する効果は、認められていないのが現状だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録