来年1月11日にエキスパート研修会専門コース「第1回臨床研究の法的規制時代到来―臨床現場・製薬企業はいかに対応すべきか」開催 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団

2016年12月9日 (金)

 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団=エキスパート研修会専門コース「第1回臨床研究の法的規制時代到来―臨床現場・製薬企業はいかに対応すべきか」を来年1月11日午後1時から、東京渋谷の日本薬学会長井記念ホールで開く。

 臨床研究に関しわが国は、欧米と比較して不十分であることに加え、行政機関が十分な監督権限を有していないことの問題が指摘され、昨年5月に「臨床研究法案」が閣議決定され、国会へ提出された。衆議院での審議は国会閉会のため継続審議となり現在、法成立を待っているところ。

 同財団ではこれを機会に、関係者に臨床研究の法規制について、種々の立場から講演を企画し、理解を深めてもらうと共に、今後の適正な臨床研究のあり方を探っていく。

 今回は、近藤達也氏(医薬品医療機器総合機構理事長)が基調講演「臨床研究の成果を医薬品開発に活かすため」を行うほか、三つの講演が予定されている。

 問い合わせ先は、同財団(TEL03-3400-5644)




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録