HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

今冬のインフルエンザワクチン需要は2150万本02280万本

2006年6月15日 (木)

 厚生労働省「インフルエンザワクチン需給検討会」は14日、今年度のワクチン需要予測と安定供給対策をまとめた。今冬のワクチン需要を2150万本02280万本と推計、メーカーには十分な製造能力が確保されているとした。供給対策では、医療機関の過剰注文を防ぎ、卸が保有する在庫の流動性を高め、仮需から実需への転換によるワクチン偏在解消を目指していく。

 昨シーズンの需要は、2154万本02057万本と予測され、メーカー1社の生産トラブルがあったものの、実際には2082万本が製造された。そのうち医療機関で使用されたのは1932万本で、製造本数に対する未使用の割合は、7.2%(150万本)となった。また安定供給の観点から、全製造量のうち60本を、需給調整用在庫としてメーカー等で保管するなどの対策も講じられた。

 返品を行った医療機関は全体の28.6%で、前年の47.7%に比べ少なかったが、100本以上の返品を行った医療機関数は1261施設、500本以上では42施設あり、在庫の流動性確保面から返品問題が課題として浮かび上がってきている。

 こうした昨年実績や各種調査の結果から、今年度の需要を2150万本02280万本と推計すると共に、メーカーの聞き取り調査によって、現時点で最大2300万本の製造が見込まれることから、検討会では今シーズンは十分な製造・供給能力が確保されていると結論した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録