HOME > 企画 ∨ 

【かかりつけ薬剤師・薬局をサポートする】グッドサイクルシステム

2017年2月27日 (月)

GooCo‐OTC対応アプリを電子薬歴に標準搭載

 グッドサイクルシステム(東京都、代表遠藤朝朗氏)は電子薬歴専業メーカーとして、イノベータ的薬局との共同開発で薬局ニーズを先取りする開発方針のもと、業界初のiPad対応スマート薬歴「GooCo」やクラウド対応薬歴などで高い評価を得ている。

 そのクラウド環境では「多店舗リアルタイム一元管理DB」により、従来のレセコンから必要なデータを吸い上げる方式の本部管理では困難だった複数店舗同一患者チェックによる患者統合を実現。同一患者が複数店舗に受診していることをリアルタイムかつ正確に把握できるため、「多店舗の強み」を生かすかかりつけサービスの提供をできる。

GooCo

 昨年リリースした「サキレセ!」は、スマート薬歴「GooCo」と一体化できるオプションで、先確認・後会計を実現。患者情報も共有し、薬局(事務)スタッフと薬剤師の連携をサポートする。また、単店管理に加えクラウド管理に対応するのも特徴。クラウド管理では、既に別の店舗で受診済みの患者の新患登録時間を短縮できるほか、入力端末の店舗番号を切り替えるだけで別店舗の処方箋入力を行うこともできるため、一人薬剤師店舗の入力を別店舗が担うことや処方箋センター入力的運用も可能だ。

 昨年4月の診療報酬改定では、かかりつけ薬局・薬剤師機能評価として処方箋医薬品のみならず、OTC医薬品も含め患者が服用する薬剤の一元的な管理が求められている。同社は、「GooCo」の標準機能として、薬局CRM(顧客関係管理)専用アプリ「Compass」を近日リリースする予定だ。「Compass」は、OTC購入履歴や指導コメント、添付文書と患者属性の適合チェック、処方鑑査機能などを搭載。処方鑑査は、処方箋を持ってきた本人のほか、事前に家族を登録しておくことで、本人と家族を同時に鑑査ができる。家族でOTCが共有されることを前提にした安全・安心の機能だ。また、レセコンに登録されていない患者の履歴も管理できるよう簡易的な患者登録機能もある。患者氏名や生年月日の登録で、レセコンで正式登録した際に薬歴データと結合できるのも大きな特長だ。

 多店舗展開しているドラッグストアなどでは、ポイントカードによる購入履歴などの情報を薬歴情報一元管理した薬局クラウド上で突き合わせすることで、統合管理を可能とした。複数店舗で処方箋+OTCの薬歴一元管理ができるため、特にドミナント展開する薬局チェーンには、患者患者への安全・安心のかかりつけネットワークを提供できる。今後はiPad対応のほかに、店頭に立つ登録販売者も端末を手に相談対応ができるよう、より手軽なiPodへの移植も進めている。同社のシステムは、これからますます重要となる「モノから人へ」とサポートする薬歴管理に強みを持っている。今後のかかりつけや健康サポート薬局機能を総合的に支援するシステムとして注目されている。

グッドサイクルシステム
https://goodcycle.net/




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録