【新製品】新たな調剤用軟膏容器開発‐現場の薬剤師が患者の声生かす 関西器材

2017年11月13日 (月)

なんこうちゅーぼ(右)、キャップを外せば最後まで軟膏の使用が可能に(左)

なんこうちゅーぼ(右)、キャップを外せば最後まで軟膏の使用が可能に(左)

 薬局での患者の声や医療スタッフらの声を生かして薬剤師が開発した調剤用軟膏容器「なんこうちゅーぼ」が、関西器材によって商品化され、10月から販売が開始された。

 同軟膏容器を開発したのは、回生堂薬局代表取締役で保険薬剤師である篠田肇氏。なんこうちゅーぼは、「軟膏壺+軟膏チューブ」の機能を持ち合わせた軟膏容器で、▽従来の軟膏壺は、指先に採って何度も使うので不潔感がある▽褥瘡治療などで軟膏をガーゼに塗る時にヘラを要する▽今までのチューブは、最後まで使い切れない――など、医療現場や患者・その家族、訪問介護スタッフらから寄せられた課題を解決したもの。

 篠田氏は、「50g以上の軟膏なら、なんこうちゅーぼの利便性はより高くなる」と説明する。なんこうちゅーぼの試作品は、今年6月から使用を開始し、子供や高齢者を中心に200人以上の患者に使用されているが、「清潔感があって良い」「ヘラで塗る手間が省ける」など好評を得ている。なお、なんこうちゅーぼの軟膏調剤製剤機器対応も現在検討されている。

 価格は、60mL、15個入り2000円(税別)。問い合わせは、発売元のカイセー(TEL0120-410-461)まで。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録