【新製品】イルベサルタンAG新発売‐先発「アバプロ錠」も販売継続 大日本住友製薬

2017年12月11日 (月)

 大日本住友製薬の子会社「DSファーマバイオメディカル」は、同社初のオーソライズド・ジェネリック(AG)として、長時間作用型アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)「イルベサルタン」(製品名:アバプロ錠)のAG「イルベサルタン錠『DSPB』」を新発売した。

 大日本住友製薬は、先発品のアバプロ錠を引き続き販売する一方で、医療用医薬品・診断薬プロモーション子会社「DSファーマプロモ」と共同で、先発品の約5割の薬価であるイルベサルタン錠「DSPB」の情報提供を行う形となる。

 DSPBは、先発医薬品メーカーの大日本住友の許諾を受け、DSファーマバイオメディカルが先発医薬品と同一の原薬・添加物・製造方法で製造し、承認を取得したAG。イルベサルタンは、大日本住友から「アバプロ」、塩野義製薬から「イルベタン」の製品名で発売している。昨年度のアバプロの国内売上高は103億円となっているが、今年度は昨年比22.3%減の80億円に落ち込む予想だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録