HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

商品体験ゾーン拡充し1300人来場‐大阪で西日本医療品総合展示会

2018年2月5日 (月)

21社が出展した五感体感スペースも好評だった

21社が出展した五感体感スペースも好評だった

 大阪医療品卸商組合(松浦由治組合長)などが主催する「2018年西日本医療品総合展示会」が1月24、25の両日、大阪市内のOMM展示ホールで開催され、ドラッグストア、薬局・薬店関係者など約1300人が来場。生活の質向上に寄与する医療衛生関連メーカー101社(前回比10社増、新規出展18社)が出展したほか、今回も従来と同様に介護・福祉関連の専門学校などの学生や教員ら約30人も参加した。

 今回の展示会のメインテーマは「体験・体感 ココロとカラダの最適提案」。会場内では21社のメーカーがブース脇に、製品に直接触れて体験できる「五感体験スペース」を設置。製品の説明を受けながら体験できることもあり、来場者の多くが足を止めて聞き入る姿が散見され、各メーカーブースの滞留時間も長かった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録